進入禁止

こんなタイトルを見ると・・・

1「犯人はココから進入したんだ・・・」
2「よし。この会社に進入するには、この経路しかないんだ!」

このような感じに思います。

ですが、私の今回の進入は、悪い事をするための進入ではなく・・・

この道の先を探すための「進入」なんです。

その日、私は1人いつものように、大きなカメラを片手に歩いていたんです。

すると・・・

私「いつもと毎日同じ道飽きたしな、たまにはこの先の道に行ってみよう!」

そう思い、道をトコトコと歩いていたんです。

30分後

私「ここで道は終わりか・・・じゃあココで引き返すしかないな・・・」

と思ったとき・・・その先に大きな森があり、コンクリートの道が続いていたんです。

私「うん、この先に道あるのか、この森を抜けるとどこに出るのかな~、あっちが東でこっちが西駒だから・・・」

私は、ブツブツと考えなたら、森の方に近づくとそこには1つ看板がありました。

「この先の道へ行く方は、この柵を開けたら、閉めてください。」

そして問題はこの次の文章でした。

「この先の道を行くと、クマがでますので、注意のほど宜しくお願いします。」

私「うんうん・・・・道は行けると・・・えっ!クマが出るだって!」

この先の道を行くことは可能でした。(進入禁止とは書いてなかったんです。)

ですが、「クマが出る」と書いてあったんです。
(この周りを見ればわかるとおり、竹や草・畑ばかりの場所です。クマ・狸・猪が出るのは当たり前です。)

私「進入禁止じゃないから、入ってもいいんだよね、では入って・・・って・・・アレ?」

ナント、進入禁止とは書いてないのに、鍵が閉まっていたんです。(頑丈な鍵です。)

私「これじゃあ、進入禁止と一緒じゃないの!まったくもう・・・」

そして、私は残念ながら、この道を行くのを諦めたんですが・・・

道はココ1つとは限りません、なので、今度は別のルートを使って、この森の先がどうなってるか探してみるつもりです。

(今のとこ第二ルートまで挑戦してみたんですが、第2ルートも同じく鍵が閉まってました。)

クリアネオ 楽天