もう一つ大事な事

夏休みに入りますが高校3年生にとっては大事な時期だと思っている。
特に大学受験も大事ですが就職を希望する人も大事なのです。

今月になってから就職を担当する先生方は就職情報を集めていく。
もちろんハローワークに任せているのでどの様な事になっているのか生徒にはわからないのです。

就職希望をしている生徒が集まって求人票を渡すのは夏休みが半ばぐらいに渡す事になっている。
ここから生徒が就職試験先を3つ決めていく事になる。

就職試験は面接重視が中心となるのですが中には基本問題が中心となる常識問題もあるので幅が広いと思っている。
また、合わせてやる所もあるので勉強も大変である。

私が住んでる鹿児島県は高校卒業と同時に県外に行く人が多いのでこうした時でも今の試験が大切だと思っている。
ここでもハローワークの紹介があって試験を受ける人が多いと思われています。

そして、こうした就職試験先の希望を学校に出して先生と面談に臨む事になる。
これは話し合いによって決めていくのですが希望の職種を踏まえて試験先を決める事になるのです。

9月中旬に就職試験が始まるのでそれまでは対策や常識問題を解くように勉強は続くらしい。
就職する生徒も夏休みが鍵を握っているような気がします。(536文字)

明日からは楽しい時が

今日はほとんどの学校は終業式ですが中には授業をしてから終業式をする所もあるらしい。
通知簿をもらって夏休みに入りますが宿題もあるので大変だと思われている。

トラストウォーター 楽天の情報を得たので、休みに飲ませてあげようと思います^^

最近は学校の宿題が少ない分自由研究をする事が多いのでじっくりやるとおもっているらしい。
しかし、受験生にはそんな事がないのです。

高校生ぐらいになると学校で補習授業をする事が多いのでほとんどの生徒が行く事が多くなる。
暑いので毎日大変ですが教室はクーラー設備をしているので勉強に環境が良くなっているのです。

こうして毎日補習があるので大変だと思っている。
田舎などではこうした予備校がない分市内まで出る人もいるのですが最近はこれが出来て便利になっているらしい。

それがスマホで利用して学習をしている人もいるので自宅や移動にも活躍をしているので楽だと思っている。
わざわざ都会に行かなくても大丈夫だと思っているのです。

この様にして大変だと思っていると思われていますが最近は学校でも衛星を利用して予備校の先生の授業を受けられるようにしている。

こうしたやり方で学習ができると思っているのです。
これから長い休みに入りますが熱いので大変だと思っている所だと思うのです。

女王様な友達との付き合い方

最近、小学1年生の娘がよく一緒に帰ってく女王様気質の子がいる。
娘の仲良しの子と同じマンションに住んでいるので、その仲良しの子と帰ると、もれなく女王様がついてくる。

この前も、その子のマンションに遊びに行ったら、どういういきさつか分からないが、娘一人で駐車場で待たされたそうだ。
よくよく聞いてみると、どうやらその女王様に「来ちゃダメ。ここで待ってて」と命令されたらしい。

友達のお母さんがすぐに発見してくれたので大事には至らなかったが、駐車場で一人ポツンと待たされている娘を想像すると切ない。
また別の日には、いったん帰宅した娘に「途中まで送ってほしい」と言ったそうで、お人好しな娘はノコノコと付いて行った。

なかなか戻らないので探しに行くと、家から結構離れた場所まで付いて行っていて、冷や汗がでた。
そんなことが重なって、要注意人物だと判明した私は、娘に嫌なことは嫌と断るように言い聞かせた。

そしておかしいと思ったことには従わないようにしつこく言ったのだが、娘は遊びの一環だと思っている様子。
女王様は軽い気持ちで命令しているのだろうけど、一歩間違えたら取り返しのつかないことになりかねない。

とにかく、今後も彼女との付き合い方について、娘と話し合っていこうと思う。

遺伝とは恐ろしい

息子が学校での眼科検診の結果を持って帰って来たのだが、視力が0.2~0.5ぐらいのC判定になっていた。
前回もそうだったのだが、眼科で再度検査をしてみたら、異常なかった。

なので、今回もそうだと思って安心しつつ眼科へ行って調べてみると、何と今回は本当に視力が落ちていた。
前回の検査からたった半年でこんなに急激に悪くなるものなのかと驚いた。

紅珠漢 100円で良くならないものだろうか。

左眼は0.1だったのでショックを受けたのだが、まさかという思いと、やっぱり…という思いがあった。
私や妹もそうだが、親が目が悪いので私たちはそれをそのまま引き継いだ。

なぜか弟は目を酷使しても視力が低下しなかったので羨ましく思ったこともあったが、やはり近視は遺伝的要素が多いそうだ。
きっと自分の子供も目が悪くなるだろうと予想はしていたが、まだ低学年なのに、悪くなるのが早すぎる。

遺伝もあるが、普段からよく絵を描いたりゲームをしたり、本を読むのも好きなので、そういったことも原因の一つだろう。
つい先日、友達の子供が目が悪いので視力回復センターに通っているという話を聞いたばかりだった。

そのときは関係ないと思ってあまり真剣に聞いてなかったのだが、眼科で先生に尋ねてみた。
すると「あれは完全な素人がやってるんですよ。何やってるか知りませんが、おまじないでもやってるんでしょうかね」と返ってきた。

通っている友達がそのことを知っているかは分からないが、とりあえず効果は今ひとつのようだ。
まずは処方された目薬を続けてみて、今後はもっと外で遊ばせて遠くを見るようにしていこう。

そしてゲームの時間を短くしたりして少しでも回復することを願いたい。

しま○ろう

うちのちび君も、大手の幼児向け教材を受講しているひとりです。
そう、あの「しま○ろう君」のキャラクターが登場するアレです。

毎月、教材をもってやってくる郵便配達員さんは、ちび君にとってサンタクロース並みのヒーローだったりします(笑)
ベビーの頃からはじめて、本格的な英語教材と、お手軽しま○ろう君の英語講座と、かれこれ、3つも受講しているではありませんか。

家の中には、次々と送られてくる教材とテキストが占拠。
教材が届いて2~3日は、夢中で遊んでいるのですが、すぐにあきてしまったり、片づけをしてくれなかったり、クラフト系の教材はすぐに壊れてしまうこともあり…。

そうこうしているうちに、幼稚園へ入園。家でのんびり遊ぶ時間がぐんと減ったこともあり、これらの教材も未消化な感じが否めません。
大好きなしま○ろう君が全く届かなくなるのは、きっとちび君も不満…。

でも、3つの教材をやりこなすには、時間も気力もないよね。
ちび君には申し訳ないのですが、何か1つはフェードアウトさせていこうかなと思っています。

ぶっちゃけ、お金もかかりますしね…(汗)

夜明けとともに

最近のちび君、幼稚園に通い出したこともあり、規則正しい生活リズムが身についてきたように感じます。
幼稚園が終わってバスで帰ってきてからも、マンションの中庭でお友達と一時間ほど追いかけっこなどをして遊ぶちび君。

小学生たちよりも早めに帰宅しますが、年少のちび君はすでにクタクタに疲れています…。
なので、いつもお迎えに行く前に、夕飯とおふろの準備をしていくのがママの日課になっています。

その後は、aquelaの水素水をごくごく飲んで元気になっていますけどね^^
5時にお風呂、6時前に夕飯…すると、夜の7時すぎには自然と睡魔に襲われるちび君…。

以前は、なかなかお布団に行こうとしなかったのに、今では自分から「ママ、もう、ねよーよー」と布団に入っていきます…。
一応、添い寝して絵本など読んであげようとするのですが、3分もしないうちに、スースーと寝息をたてて眠ってしまいます。

まあ、自然と眠くなって寝てしまうのは、健康のためにもいいのかなと思っています。
ちび君が寝た後は、ママも一息つけるのですが…。

最近は私も夜更かしせず、早めに寝るようにしてします。
そうしないと…ちび君、早寝してくれる分、朝も起きるのが早いんです…(汗)

夜明けとともに起き出し「ママ、おはよ~!おなかへった~!」と始まりますので…。

お休みしちゃうもん

4月、5月と毎日楽しく通園していたちび君。
なんと、6月に入って「幼稚園おやすみしちゃうもん!いかないもん!ママとおうちで遊ぶもん!」と突然始まりました(汗)。
幼稚園のベテラン先生いわく…。

4月の入園当初、親子分離ができず泣いているお子さんは毎年数名いますが、ほとんどがすぐに落ち着きます。
ちょっと手を焼くのが、ゴールデンウィーク空けからの登園渋り。

幼稚園の生活がわかった上で、連休中家族と楽しい時間をすごしたことで、自由にならない幼稚園に行きたくない…となるのがパターン。
実は、このタイプも毎年数名いて、入園当初にぐずる子よりも手ごわいそうです。

でもって、5月の連休明けも、幼稚園が待ち遠しいくらいだったちび君の、突然の登園渋り…。
こりゃ、かなりハードな戦いを覚悟しなくちゃならないのかしら…?

まずは、興奮気味に「行きたくないもん!おやすみがいいもん!」と繰り返すちび君を落ち着かせることから…。
「そうなの、幼稚園行くの嫌になっちゃったのか。幼稚園キライになっちゃったんだね。どうしたのかな~?」と主張を受け止めてあげて気持ちを履きださせてみようと思いました。

幼稚園にきいちゃう?

「布製のなわとびってこの辺だとどちらで売っていますか?」とサラリと幼稚園の担任にきいてしまうのって、ダメですかね?
艶つや習慣の情報は詳しく聞けたんですけどね^^

必死にママ友たちがあちこち探し回って、不確かな情報を流しあいしているのに付き合うよりも、直接、幼稚園に質問してしまう方が、素直でよろしいと思うのは、私だけかしら?

そもそも、近隣のお店で入手困難な教材ならば、幼稚園で希望者分を一括購入する…っていうのが、スマートじゃないかしらと思うのですが。

きっと幼稚園の先生だって、「近所のお店では最近は販売していない…」という現状を把握すれば、代替品を考えたり、一括購入という方法になると思うのですが…。

まどろっこしいことに関わるのは、ちょいと面倒だったりする私。
子供のために必要なことであれば、協力も金も惜しむつもりはないけれど。

サクっとネットで取り寄せちゃって、持たせればいいだけの話かもしれない…それが、一番心身ともに安らかな方法(笑)

超アナログ幼稚園なのに、ネットじゃないと手に入らない品を1週間でもってこさせるのも、なんだか矛盾を感じる本日のママでした。

幼稚園の制服

我が家のちび君、来年からの3年保育で幼稚園への入園を考えています。
自宅からママが歩いて送り迎えできる範囲にある幼稚園の中から、選ぼうかなと考えております。

そんな訳で、すでに幼稚園に通っているお子さんのいる近所のママさんなどから、ちょいちょいと各幼稚園の特徴であるとかを教えてもらっています。
通園児の服装ひとつとっても、それぞれの幼稚園のカラーというか、教育方針が反映されているなぁと感じます。

かわいい制服のある幼稚園。朝と帰り、式典などがある日は制服着用。幼稚園に付いたら、スモッグや体操着へのお着替えが日課。
イマドキのお勉強よりも日々の生活習慣や情操教育に力を入れているようで、毎日の着替えもその一環なんだとか。

制服なし、体操着で通園する幼稚園もあります。
ここは、体力作りやスポーツに力をいれていて、お勉強系もカリキュラムに少しはいっている模様。

制服代がかからず、洗濯するアイテムが少なくて済む、バランスのよい幼稚園として人気あるも、実は園庭が狭かったりする…。
制服有りのお勉強重視幼稚園。

この地域の中では一番早期教育に熱心で、ひゃくます計算やらフラッシュカード、漢字の読み書きなんかも。
小学校お受験を視野にいれているご家庭も多いらしい。

しかし、運動あそびが極端に少ないともいわれていて、お外で遊ぶこともないので、制服はいつもピカピカ…とも。

資格取得

いまやのほほん育児におわれる専業主婦の私ですが、独身時代はそこそこバリバリ働いておりました。
はぐマカで妊活するまでは^^

アラフォーに片足つっこむまで、社内でういた噂とも無縁、なんとなく声をかけてもらうも、社内恋愛はめんどうくさいと感じて、深い関係になるまえにフェードアウトばかり。

それでも、まあいいや~と思っていたのは、ぶっちゃけ仕事が楽しかったから(笑)
女性のわりには、いろいろとチャレンジさせてもらったり、やりがいのある仕事もずいぶんとさせていただきました。

将来のためにと、若いころから資格取得にも熱心なタイプでした。
同僚の一応エリート君たちよりも、早く上級ライセンスを取得して鼻をあかしてやるのも気分良かった~(本当にイヤな女子ですよね)。

まあ、家庭の主婦となってはそんな資格も宝の持ち腐れな気もしますが、一般教養的な知識としてはあって困ることはないかなと。
ちび君の子育てがひと段落したら、また何か資格取得でもしたいなぁとは思っているのですが。

できれば、女性受けがよくて日々の生活にも役立てられそうなのがいいんですけど。
おすすめがあったらおしえてくださいませ。